YouTuber

青汁王子|誹謗中傷はみねしましゃちょー!原因は裁判の腹いせか

起業家YouTuber青汁王子こと三崎優太さんが、自殺未遂で救急搬送されました。

YouTuberでも人気絶頂、起業家としても成功していた青汁王子ですが、なぜ自殺未遂をしてしまったのでしょうか。

実は青汁王子は、最近みねしましゃちょうという暴露系YouTuberから、執拗な誹謗中傷を受けており、Twitterでもその状況を訴えていたんです。今回の事件はその矢先でした。

この記事は、青汁王子自殺未遂に追い込んだ、このみねしましゃちょうという人物にフォーカスして、誹謗中傷の中身や理由をお伝えしていきます。

青汁王子|誹謗中傷はみねしましゃちょーで、自殺未遂に追い込んだ!

青汁王子が自宅マンションで自殺未遂、救急搬送される

青汁王子が救急搬送されたのは、2022年5月21日未明でした。

青汁王子が所有する「青汁ヒルズ」と呼ばれる自宅のマンションで、大量の睡眠剤を飲み、倒れいていることををスタッフに発見され、一命を取り止めました。

最近、青汁王子と同じマンションに住でいると報告したYouTuberのてんちむによると、今は別の場所で療養している、ということです。

 

本人の代わりに現状報告させて頂くと、三崎さんは一度自宅に戻ったものの、体調があまり良くなく、現在は療養中で自宅にはいません。(てんちむTwitter

事件の当日、マンション周辺は救急車や消防署で騒然としていました。

実は、この青汁王子の住んでいるマンション前の動画を撮影しているみねしましゃちょうが、今回の自殺未遂の原因なんです。

わざわざ、マンションの前まで行って撮影しているんですから、相当ヤバい人物ですよね。

このみねしましゃちょう青汁王子に繰り返した誹謗中傷動画が原因青汁王子が自殺を図ってしまいました。

青汁王子は5月17日のTwitterから、その誹謗中傷を訴えていたんです。

このTwitterで青汁王子は

「私は2022年3月ころより、特定の人物から悪質な嫌がらせを受けており、毎日のように事実無根の誹謗中傷を日々拡散されています。

と述べ、この件について正式に刑事告訴が受理されたと綴っています。

YouTubeの世界を超えて、現実社会での出来事でちょっと怖くなりますね。

青汁王子に対する、みねしましゃちょうの誹謗中傷がひどすぎる

みねしましゃちょー執拗に繰り返してた誹謗中傷動画全部で150本以上。ちょっと異常ですよね。

その内容は多岐に渡り、

など、青汁王子をピンポイント攻撃する動画ばかりなんです。

これに対し青汁王子はTwitterで訴えます。

青汁王子

YouTubeは殺人プラットフォームですか?

事実無根のことを毎日投稿され、150本近くの誹謗中傷を容認しています。警察が動いているのに広告をつけ、誹謗中傷による収益を与えています。

150本以上の誹謗中傷をされたら、一般の人は自殺してもおかしくないです。本当にどうかと思います。

これが自殺未遂事件5月20日の前日、5月19日の投稿でした。

この150本の動画の中で、特に出身地の北見市に訪れた動画青汁王子を自殺未遂に追い込んで行ったんです。

青汁王子を自殺未遂に追い込んだみねしましゃちょーの3つの誹謗中傷動画

こちらがその、青汁王子を自殺未遂に追い込んだ動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=SPyG7qEj28Q

青汁王子の出身北海道北見市です。

みねしましゃちょーは、わざわざ北見市を訪れ、当時の青汁王子について取材を重ねました。

そして、動画内で告白した誹謗中傷内容が青汁王子を苦しめました。

これに対し、青汁王子は

青汁王子

これが誹謗中傷、名誉毀損じゃなければなんなのか? 神に誓って暴行事件も暴力事件も起こしていません。男女含めて人を暴力で傷つけたことはない

と、5月17日から19日かけて、数回反論していますが、とうとう耐えられなくなり、5月20日未明、自殺未遂に至りました。

青汁王子|誹謗中傷したみねしましゃちょーって誰?

では、このみねしましゃちょーどんな人物なんでしょうか?

みねしましゃちょー(本名峯島忠昭)は、サラリーマンをしながら25歳で茨城県水戸市を中心に不動産投資を開始して、28歳で独立。「水戸の大家さん」という会社を経営し、最高年収15億円までの企業に成長させました。

ところが2018年、「かぼちゃの馬」という当時不動産業界で流行していた不動産のサブリースのビジネスが崩壊、その煽りをくって、みねしましゃちょーの経営する会社も倒産してしました。

その後、2017年から始めていたYouTubeで本格的に活動を始め、今では暴露系YouTuberに成り下がってしまった、というわけなんです。

そして、2022年3月ごろから標的になったのが、今回自殺未遂に至った青汁王子だったというわけなんです。

青汁王子|みねしましゃちょーが誹謗中傷するのは、なぜ?

では、なぜみねしましゃちょーはそんなに青汁王子に敵対心を燃やし150本物誹謗中傷動画をアップしているのでしょうか。

事の発端は、2022年3月2日みねしましゃちょーがアップした、こちらの動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=xyFY_Devg7c&t=11s
YouTubeチャンネル「みねしましゃちょー」2022.3.2

その内容は、青汁王子が反社(反社会勢力)と繋がりがある、というものでした。

企業家である青汁王子は、いくつもの会社を経営しており、元社長(メディアアーツ)だった時代にある製薬会社との間で裁判がありました。

みねしましゃちょーはその訴訟内容から、この「反社」というネタを見つけてきたようです。

青汁王子は、ちょうどこの時期に週刊新潮と日刊ゲンダイを相手取って、別の裁判をしていたため、みねしましゃちょーに動画で回答

https://www.youtube.com/watch?time_continue=11&v=2nvSp3GXTlA&feature=emb_logo
青汁王子のYouTubeチャンネル 2022.3.2

この動画の最後に

青汁王子

3月25日に新潮社との裁判の判決が出るので関係ない第三者(みねしましゃちょー)には黙っていて欲しい、負けた場合はいくら取り上げていただいても構わない。

と言い放ちました。

要するに、小者のYouTubeであるみねしましゃちょーは、黙っていろ、と言われたことが、これまで150本もの誹謗中傷動画をアップするきっかけになったようです。

相当ねちっこいタイプなんですね。

 

さて、いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。