暴露系

ガーシーに警察圧力、不当逮捕か!被害届を出せ、示談に応じるな【ガーシー砲】

今夜のガーシーCH東谷義和の暴露は、なんとガーシー自身のことでした。

なんと、ガーシーのBTO詐欺事件の被害者警察から圧力がかかった!と言うんです!

一体、どんな圧力なんでしょうか。

この記事は、そんな警察からかかった圧力について、ご紹介していきます

 

 ガーシーのBTO被害者に警察圧力、不当逮捕か!被害届を出せ、示談に応じるな、と圧力をかける

 この日のガーシーは、番組冒頭からいつものハイテンションで、切れまくっていました。

なんと、せっかく弁護士の高橋先生と、BTO被害者の8割と示談が成立しつつある中、なんと警視庁が横やりを入れてきたというです。

連絡の取れない残りの2割の被害者に、警視庁の刑事と名乗る人物から電話が入り、

「東谷の動画配信を止めたいから、東谷義和に示談に応じるな」

と説得、というかある意味脅迫ですよね。

 

ガーシー暴露まとめ
  • ありえないくらいムカついている
  • Twitterで力を貯めるために、ここ数日やめていた
  • これは戦わなきゃいけない
  • この場を設けて戦おうと思った
  • 東京美容外科の麻生先生に被害者に肩代わりしてもらった
  • 僕が麻生先生と動画をだした次に日に弁済の被害者から連絡が来た
  • 大阪の女の子から東京の警視庁から電話が入った
  • 「東谷の動画配信を止めたいから、東谷義和に示談に応じるな」と言ってきた
  • すでに、被害者の8割は示談に応じている
  • 事件当時に相手にしなかった警察が、このタイミングで圧力をかけてくるっておかしい
  • 示談に応じている被害者は全て、その警察の申し出を断っている
  • 警察の一部が、芸能界に忖度して、東谷義和のYouTubeをやめさせたいから、被害者に伝えた
  •  
  •  

この状況について、雑誌の編集者はこう分析しています。

これまで晒されてきた芸能人サイドが政治家などを使って警察を動かした可能性も示唆。俄かには信じがたい話ですが、自身に捜査の手が迫っているとする東谷氏の切迫度は本物で、今後の事態の成り行きに注目が集まっています(スポーツ紙デスク)

デイリー新潮2022.5.6

なかり本気度が伝わっていますね。

 ガーシーのBTO被害者に警察から圧力をかけさせたのは、又社長と真剣佑

ガーシー圧力は誰かまとめ
  • 誰が警察に圧力をかけたのか
  • おそらく、トライストーン社長の又さんが、議員3人を使った警察に圧力をかけた
  • もう1人は真剣佑の森

 ガーシーが2022年4月29日の生放送で、警察からの圧力をかけたのが、トライストーンの又社長か真剣佑かとちらかだ、と言った数日後、同5月3日に、真剣佑の所属事務所から連絡があったようなんです。

真剣佑サイドは今回の被害者への警察からの圧力に一切関与していないとの連絡を担当弁護士から高橋先生へご連絡いただきました。 こちらの早とちりとはいえ、名前を出してしまった事、深くお詫びします。 

これで圧力かけたのが、どこの芸能事務所か分かりましたね。

そう、綾野剛や城田優のトライストーンの、山本又三郎社長ですね。

ガーシーに圧力をかけた警察について高橋弁護士の見解

 

高橋弁護士見解まとめ
  • アトム法律事務所の高橋弁護士とコラボします
  • 高橋弁護士先週から被害者との示談交渉をしていた
  • その中で警察の対応がひどい、との声が多かった
  • 東京警視庁が、都外の被害者に直接電話をかけて「東谷義和のユーチューブを止めさせたい」か「東谷義和を逮捕したいので示談の応じず、被害届を出してくれ」と
  • 今回の動画を配信した後に
  • あと被害者の2割が示談に応じていないので、もしこの動画を見てなお、示談に応じてくれないのであれば、東谷義和自身が自分の身を守るために、残りの被疑者の名前、住所、の全てを晒します。
  • とにかく、示談に応じない、弁済を受けとならないでも、いいの意思表明だけさせてほしい
  •  

 ガーシーが警察の応じた残り2割の被害者を晒すと脅迫した!

 

ガーシー脅迫まとめ
  • ガーシーは、示談に応じない残り2割の被害者について、もし電話にも出ない、拒否もしないと言うのであれば、その被害者の名前や住所を晒す
  • これはガーシー自信の身を守るために必要なことで、自分を優先する
  •  

ガーシーが警察の圧力に負けて、動画配信と終了する!と宣言するも、フォロワーに諭され、数時間後に被害者を晒すことをやめて、動画配信すると謝罪

ガーシーが謝罪
  • 23時からの生配信で、かっとなって被害者を晒しすだの、動画配信終了を宣言するなど頭に血がのぼっていた
  • 自分が加害者にもかかわらず、被疑者を晒すなど、もってのほかだった。謝罪する
  • ただ、フォロアーからの暖かい言葉、叱咤激励の言葉、麻生先生、高橋先生から言葉を読んで、一旦冷静になって考えて、引き続き動画配信を続けようと思う
  • フォロアーから言葉じゃなければ聞いていなかったと思う

 

一旦動画配信をやめる、とまで言い切っていたガーシーですが、冷静になれてっ謝罪して、動画配信継続となりました。よかったですね。

 

さて、いかがでしラストたでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

×