俳優

真剣佑にガーシーが借金6000万円!の真相はステマの収入をマネーロンダリングするためか?【ガーシー砲】

いよいよ真剣佑の事務所がガーシー東谷義和に反撃してきましたね。

これを待っていたガーシーは、ここぞとばかりに、1年半前に真剣佑から借りた6000万円の借用書をTwitterで公開。

真剣佑がステマで得ていた収入を、ガーシーに貸し付ける(ガーシーが真剣佑から借用する)という形で、資金洗浄、つまりマネーロンダリングしていた、というんです。

本当なのでしょうか。

この記事は、ガーシーCHの生配信やこの6000万円の借用について掲載した「女性セブン」の内容をまとめていきます。

真剣佑の事務所がガーシーに反撃!

いよいよ、真剣佑の事務所が「女性セブン」の取材に答える形で反撃をしてきました!

「東谷氏の発言には、明らかな虚偽や事実誤認、時系列の矛盾点が含まれ、犯罪行為は本人も明確に否定しています。確たる証拠のない証言には事務所として断固として抗議し、弁護士と相談した上で早急に法的措置を取ります」

NEWポストセブン 2022.4.20

これに、対して待ってましたとばかりに、ガーシーがさらに真剣佑に関する暴露を、女性セブンに。

なんと、ステマで得いていた収入6000万円をガーシーに貸すという形で資金洗浄=マネーロンダリングしていたというんです。

では、さっそく説明していきまね。

真剣佑にガーシーが借金6000万円!の真相は、ステマの収入をマネーロンダリングするため!

真剣佑にガーシーが借金したのは6000万円

ガーシーが真剣佑から預かったのは6000万円でした。

これは、常日頃から真剣佑が資金運用の相談を受けていて、そのためのお金だったようです。

ところが、ガーシーはその預かったお金をなんと賭博ギャンブルの「バカラ」に使ってしまいました。

そこで、真剣佑は半グレを使って、「借用書」を書かせたんです。

この時点で、ガーシーが真剣佑から借金をした形になったのです。

ガーシーは、その「借用書」を4月20日、witterに、真剣佑から6000万円を借りていた、といった趣旨で投稿をしました。

実は、ガーシーは数日前に「女性セブン」の取材をうけて、この借用書について話したんです。

ガーシーはこの「女性セブン」が発売される4月22日に発売されるの先立って、自ら暴露したようなんです。

ガーシーはTwitter上で

ガーシー

やっと反撃してきたなー

雑誌が出る前に俺の口からゆおう思っての

画像には「借用書」とあります。以下全文です。

「借用書」

私、東谷義和は前田真剣佑(本名)に、金6千万円を令和2年2月26日にお借りしました。

この借入金を令和3年10月31日までに全額返済します。

令和2年10月31日 東谷義和

確かに、ガーシーが真剣佑から「借用」したという内容ですね。

「女性セブン」の取材によると

「真剣佑が東谷さんと親しくなったのは2017年頃。仕事を斡旋してもらったり、友人づきあいをする中で、真剣佑はすっかり彼を信用するようになり、事業がうまくいけば『増やして返す』という言葉を鵜呑みにして6000万円もの大金を貸してしまったのです」(真剣佑の知人)

NEWポストセブン 2022.4.20

この記事をそのまま読むと、ガーシーが真剣佑を上手く騙した、ということなんですが、これに対しガーシーは

ガーシー

「多数のステマを提供していた流れから、資産運用もしくはマネーロンダリングを相談された。彼は芸能界でも有名であった為、投資資金を貸付資金名目で運用している部分もあった」

と、この借金が「資産運用もしくはマネーロンダリング」であることを示唆しています。

果たして、本当なのでしょうか?

真剣佑がガーシーに貸した6000万円は全てステマで稼いだ収入で、マネーロンダリングするためだった

ガーシーが真剣佑から受け取ったのは、全額現金でした。

6000万円もの現金をいったいどこで手に入れたのでしょうか。

ガーシーは今までかなりの数のステマを紹介してきたと話していました。

ステマについてはこちらの記事で

真剣佑がステマで数千万円!収入は全て自宅の金庫で脱税!【ガーシー砲】

真剣佑が事務所で内緒でステマで数千万を稼ぎ、それを全て自宅に金庫に隠し、脱税していると言うんです。

ガーシーはこの6000万円が、おそらくこのステマで稼いだ金だろうと言っています。

さらに、ガーシーは今回のガーシーCHで真剣佑の事を暴露した後で、反社の森川を通じて、6000万円の出どころだけは暴露しないように伝えてきたんです。

これは、この6000万円が晒されたくないお金と認めていることになりますよね。

この半グレって、どんな人なんでしょうか?

真剣佑が6000万円を回収するために森川という半グレを使って脅迫してきた

真剣佑はガーシーに貸した6000万円の出どころを表ざたにしないように、ガーシーに圧力をかけてきました。

具体的に言うと、ガーシーの80歳になる母親を恐喝してきたというんです。

  • 「息子さんのこと知ってるよ」
  • 「妹さんも近くに住んでいてよかったね」

この森川という半グレはこんな人でした。

森川たかひろ
  • OB危機管理株式会社の代表取締役
  • 元々警察出身
  • 警察を辞職した後、警察にいた時のネットワークをつかって、いろいろな会社を食い物にしている
  • ただ、コンサルしている会社が警察ともめると逃げる
  • やくざは全く相手にされない

この森川を動かしているのが、原口まさひろ、という、真剣佑の父親である千葉真一の側近です。

左の人が千葉真一さんですね。昨年お亡くなりになりました。

この原口まさひろという人物は昔ながらの力で揉め事のねじ伏せるタイプなんですね。

原口ままさひろ
  • 株式会社VIPトレーニングの代表取締役社長
  • 真剣佑の父親の千葉真一の側近
  • 裏で森川に真剣佑を脅すように頼んだ
  • 人としては、まともな人
  • 千葉真一から真剣佑の事を頼まれた時に金に困っている森川に頼んだ

こんな人間関係の中、ガーシーは毎日のように暴露を続け、その間も真剣佑が森川を使い、何とかその暴露を止めようとしましたが、逆効果。

女性セブンからの一方的なDMによる質問に答える形で、今回の大暴露に至ったというわけなんです。

真剣佑が付き合った半グレについてはこちらの記事で

 

さて、いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

×