スポーツ

伊藤美誠は母子家庭!なの?母の仕事や年齢、再婚しているか徹底調査!

2021年の東京オリンピックで女子卓球代表の伊藤美誠選手。

大会のたびに応援にくる母親とのツーショットが微笑ましいご家族ですよね。

そんな伊藤美誠選手の家が母子家庭なの?、母親はシングルマザーなの?と話題なっています。

この記事は、伊藤美誠選手の母子家庭か、母親年齢仕事を、伊藤美誠選手の小さい頃からのスパルタ練習のエピソードを交え、ご紹介していきます。

伊藤美誠は母子家庭なの?

さて、伊藤美誠選手の家は、母子家庭なのでしょうか?

女性自身の記事が、伊藤美誠選手の母が、シングルマザーである、と報じていました。

次世代のエースを作り上げたのは、彼女のコーチも務めたシングルマザーの“執念の子育て”だった

女性自身2017/03/02

シングルマザーということは、つまり母子家庭、ということですね。

伊藤美誠の母子家庭はいつから?

伊藤美誠選手のご両親が離婚したのは、確かな記事があるわけではありませんが、2011~12年ごろと言われています。

ちょうど伊藤美誠選手が11歳くらいの時ですね。11歳と言えば小学5年生。多感な時期ですね。

そんな当時の伊藤美誠選手の様子について親族の方は

父親は、美誠の試合を観に来ていますよ。美誠の方は、お父さんがいなくなってもメソメソするようなことはありません。大した子だよ

女性自身2017/03/02

と語っていました。

伊藤美誠の母子家庭の離婚の原因は?

伊藤美誠選手の母が離婚したのは、静岡県磐田市で暮らしている時でした。

静岡に引っ越す前は横浜に住んでいましたが、伊藤美誠選手が練習に集中できる環境を作るために、わざわざ引っ越したんですね。

その家に引っ越しあと、離婚になったようです。

離婚の詳しい原因は分かりませんでした。

伊藤美誠の母子家庭、父親とは?

伊藤美誠選手の父親とは、今でも伊藤美誠選手が出場する試合を見に来くる仲だそうです。

きっと、離婚後も父娘の関係は良好なのでしょうね。

さて、そんな伊藤美誠選手の母親はいったいどんな方なのでしょうか。

伊藤美誠の母子家庭の母はどんな人?

伊藤美誠の母の年齢は?

伊藤美誠選手の母は、伊藤美乃りさんとおっしゃいます。

1975年12月17日生まれで2021年現在で44歳になります。

伊藤美誠選手が2000年10月21日生まれなので、母親の美乃りさんが25歳の時に出産したんですね。

ご出身は静岡県磐田市で、この後出てくる伊藤美誠選手の実家も同じ市内にあります。

さて、伊藤美誠選手の母は美乃りさんは、どういったお仕事をされているのでしょうか。

伊藤美誠の母の仕事は卓球のコーチ

伊藤美誠選手の母は、伊藤美誠選手をトップアスリーに育て上げた実績が買われて、現在では日本女子代表のコーチをされています。

ご自身も卓球選手であり、中一で卓球を始めてから、10年の経歴の持ち主なんですね!

そんな伊藤美誠選手の母の現役時代の成績って興味ありますよね。

伊藤美誠の母の卓球経歴

高校時代にはインターハイでは、上位にランクイン

大学時代にも全国大会に出場で全国区で活躍

卒業後は社会人チームに所属

今では「卓球上級コーチ」の資格を取得して、伊藤美誠選手の海外での試合にも同行して、時には母として、時にはコーチとして、全面的に伊藤美誠選手をサポートしています。

そんなコーチとしての人生をまとめた本まで出版されています。

本まで出しちゃうなんて凄いですよね。

そんなシングルマザーの伊藤美誠選手の母は、今は再婚されているのでしょうか?

伊藤美誠の母は再婚しているか?

伊藤美誠選手の母が再婚しているのか、ネットで調べたんですが、確かな情報はありませんでした。

ただ、今でも伊藤美誠選手の父親が試合を見に来ているということは、母も父親も良好な関係なんでしょうね。

ここ数年の伊藤美誠選手の躍進ぶりも、そんなご両親に支えられているからこそなんだと思います。

伊藤美誠の母子家庭のエピソード

伊藤美誠の母は鬼母、毎日の練習は「訓練」!

https://twitter.com/hirotomo1002/status/941694502686699521

では、伊藤美誠選手の母は、7年間伊藤美誠選手のコーチをしていましたが、いったいどんなコーチだったんでしょうか?

伊藤美誠選手が卓球をやりたい、と母に話したのはなんと2歳の時でした。

美誠が『卓球をやりたい』と言い出したのは2歳の終わりのころ。ただ『何歳だろうと、やるからには本気でやる』『中途半端ではなく、頂点を目指す』が私のモットーですから。『それでもやりたいの?』と何度も聞きました。そのつど美誠は『やりたい!』と」

ウレぴ総研 2017年1月3日

それから10歳までの7年間は、まさに『卓球づけ』の毎日で、伊藤家では毎日の練習を『訓練』と呼んでいました。

そんな伊藤美誠選手は母のついて、こんな本人からこんなコメントも

美誠は、私のことを『と一緒にいるような感じでした』と言っていますが(笑)、

でも、その「訓練」という名の練習が終わると

「1日の訓練が終わると、私は一転『甘〜いママの顔』に戻るんですね(笑)訓練が終わった瞬間、美誠を思いっきりハグして『大好きだよ』『愛しているよ』。そう言って彼女をねぎらい、『母娘の愛』を確認しました。

鬼母と大好きな母をうまく演じ分けていたのですね。

伊藤美誠の母は家の中に練習場を作った!

そんな伊藤美誠選手の母親は、伊藤美誠選手が幼稚園に上がる頃、思う存分卓球の練習ができるように静岡県磐田市に引っ越しをします。

家を建てるにあたり、伊藤美誠選手の母親がこだわったのはリビングでした。

家族が必ず通るリビングに卓球台を設置し、照明も卓球をするのに適したものを選んだそうです。

まるで家の中に練習場があるみたいですね。

そのため、生活の中で自然と卓球をやろうという空気になったといいます。

卓球が生活に一部になるくらい練習に練習を重ねたからこそ、今の伊藤美誠選手の活躍があるのですね。

さて、いかがでしたでしょうか。

伊藤美誠選手は母子家庭、年齢や仕事、再婚しているかについて、まとめてみました。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

では、伊藤美誠選手と母の卓球にまつわるエピソードを2つご紹介します。

伊藤美誠の母子家庭についてTwitterの声は?