女優

ツィマノウスカヤ【亡命】は美人で結婚してる!ベラルーシでの顔画像!

東京オリンピック女子陸上のベラルーシ代表のツィマノウスカヤ選手。

陸上競技が始まった8月1日、当然強制帰国される、とニュースで報じられ、本人が亡命を希望して騒ぎになっています。

この記事は、そんな美人のツィマノウスカヤ選手結婚しているのか馴れ初めや夫の顔画像をまとめながら、強制帰国について経緯やベラルーシという国についてもご紹介してききます。

では、ツィマノウスカヤ選手って、いったいどんな選手なのでしょうか。




ツィマノウスカヤの簡単プロフィール

では、ツィマノウスカヤ選手のプロフィールを簡単に説明します。

ツィマノウスカヤ選手は、8月2日の陸上女子200mの代表選手です。

ツィマノウスカヤ【強制帰国】は美人で結婚してる!インスタ顔画像満載

これは、国立競技場での様子ですね。

ツィマノウスカヤ

去年の1年半の経験をすべて終えて、ここ東京に来てよかったです! 私は今、1つの結論を引き出すことができます:私たちのトレーニングなどのすべての責任は、時には私たちも自分で負担しなければならないということです!




ツィマノウスカヤは超美人!ベラルーシでの顔画像!

ツィマノウスカヤは結婚している!

ツィマノウスカヤ【強制帰国】は美人で結婚してる!インスタ顔画像満載

ツィマノウスカヤ選手は、4年前の2017年に結婚されています。付き合い始めたの2年前の2015年。馴れ初めまでは、わかりませんでした。

綺麗な教会で式を上げていますね。この時ツィマノウスカヤ選手はちょうど24歳。とても綺麗ですね。

横にいる旦那さんは、Arseni Zdanevichさん。年齢は分かりませがとても仲が良く、生活の様子をよくInstagramに投稿していますね。

ツィマノウスカヤ【強制帰国】は美人で結婚してる!インスタ顔画像満載
ツィマノウスカヤ選手のInstagram

髭がダンディーで、イケメンな旦那さんですね。

旦那さんの職業はスポーツインストラクター

ツィマノウスカヤ【強制帰国】は美人で結婚してる!インスタ顔画像満載

ツィマノウスカヤ選手の旦那さんは、ジムのインストラクターをしています。

こちらは、ツィマノウスカヤ選手のトレーニングをしている様子ですね。結構されているとなると、専属なんでしょうね。

ツィマノウスカヤの強制帰国の経緯まとめ

ツィマノウスカヤ【強制帰国】は美人で結婚してる!インスタ顔画像満載
ロイター通信

強制帰国の経緯まとめ

では、 ベラルーシ選手の強制帰国騒動の経緯を簡単にまとめてみました。

その後の、2021年8月2日9時現在、 すかどうなったか、報道はされていません。

ツィマノウスカヤ選手の助けを求める動画

こちらが、実際にツィマノウスカヤ選手がSNS上で助けを求めた動画です。

ツィマノウスカヤ選手は、チームのコーチを批判しただけ

では、ツィマノウスカヤ選手は、何をSN

記者は、「大事なのは、ツィマノウスカヤ選手が独裁政権の批判を特にしていないという点だ。単に、ベラルーシチーム関係者が書類手続きを誤って、何の訓練もしていない競技に彼女を登録してしまったと不満を口にしただけだ。それなのに独裁体制の国営メディアは彼女を国家の敵に仕立てあげた」と書いている

BBC NEWS JAPAN 2021.8.1
アツィマノウスカヤ

「(5日の)女子1600メートルリレー予選の参加に必要なドーピング検査を複数の選手が十分に行わなかったことで出場資格を得られず、自身がリレーメンバーに入れられた」

とコーチ陣の不手際を批判しただけでした。

ベラルーシってどんな国

ベラルーシと日本の大きさ比較。 ロシアの西隣の大きそうな国という印象が個人的にはあったけど、意外に日本は大きかった。ベラルーシを北海道にすると沖縄はアフリカ大陸に。

画像

ベラルーシ大統領の怖すぎるコメントが?!

ベラルーシの大統領は、強権的で「欧州最後の独裁者」と呼ばれるルカシェンコ氏です。

その大統領が今回の東京オリンピックについて、こんな不満を漏らしています。

アイコン名を入力

「どの国よりもスポーツに資金をつぎ込んでいるのに」

「(外国の選手は)五輪で勝てば何でも手に入るが、負ければパンを探し回らなければならないことを知っている」

と言いたい放題なんです。さらに怖いのがこちらのTwitterです。

Twitterの翻訳をそのまま掲載しますが、

アイコン名を入力

アスリートのティマノフスカヤについてのルカシェンコ:「彼女はメダルを獲得しましたか?服用しませんでした!オリンピック選手が東京に出発する前に、私は警告しました:あなたがメダルなしで戻った場合、私たちはあなたを逮捕します。そして、私はいつも約束を守ります。」

ウガンダの選手は、帰国後逮捕された

さて、いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。