事件事故

【山上徹也の妹】生年月日は1985年!生い立ち・経歴を時系列でまとめ!

安倍元総理事件の犯人である山上徹也容疑者。

亡くなった父と兄、統一教会にのめり込んだ母、そして、妹にも注目が圧余っています。きっと壮絶な人生を送ってきたはずです。

この記事は、そんな山上徹也や妹の生年月日から生い立ち、経歴まで時系列で追っていきます。

山上徹也の妹は、5人家族

まずは、山上徹也の家族構成をご紹介します。

【山上徹也の妹】生年月日は1985年!生い立ち・経歴を時系列でまとめ!

山上徹也の妹の家族構成は、

父親と兄が他界してまい、母親が統一教会に入信、妹については、あまり知られていません。

そんな山上徹也の妹は、どんな生い立ちと人生をおくってきたのでしょうか。

山上徹也の妹の生年月日は1985年2月(37歳)

【山上徹也の妹】生年月日は1985年!生い立ち・経歴を時系列でまとめ!

山上徹也の妹の生年月日は

1985年(37歳)

です。(週刊文春2022.7.13

父親、兄の自死、母親の統一教会への傾倒、そして兄の安倍元総理事件。

家族の一番下の妹には山上家の風景はどう映っていたのでしょうか。

では、妹の生い立ちから事件まで探っていきましょう。

山上徹也の妹の生い立ち・経歴を時系列でまとめ

【父の自死~誕生】生まれる2か月前に父が自死

【山上徹也の妹】生年月日は1985年!生い立ち・経歴を時系列でまとめ!
イメージ
誕生~

1985年2月、東大阪市に生まれる。

山上徹也の妹は、京大を卒業したエリートの父親と、大阪市立大学卒の才女の母親との間に、生まれました。

父親は、全国を飛び回るトンネルの工事の現場監督で、母親の実父、つまり妹の祖父が経営する建設会社で働いていて、後継者と期待される存在。

当時同じ祖父の会社に勤めいた母親とはお見合い結婚でした。

【山上徹也の妹】生年月日は1985年!生い立ち・経歴を時系列でまとめ!

そんな両親と2人の兄に囲まれ、幸せな日々を送っていた妹ですが、生まれた時に父親はいませんでした。

父親は、妹が生まれる2か月前に自ら命を絶ったのです。

妹が生まれる前の出来事

1979年、長兄が生まれる。

1980年9月、兄、山上徹也が生まれる。

1984年、父親が自ら命を絶つ。当時妹は、まだ母親のお腹の中だった。

全国の現場を飛び回る父親は、実は現場に馴染んでいませんでした。むしろ学者肌だったようで、自死の2から3年前にはほとんど山の中で過ごしていたんです。

お酒の好きだった父親は、毎日お酒を飲み、次第にアルコール依存症に。

さらに、うつ病を患い、精神的に追い込まれていきました。

ご近所さんによると、久々に帰った家でも、母親に対して怒鳴る声が聞こえていたそうです。

ご禁書さん

「旦那さんが飲んだくれで、家の中を覗くと一升瓶がいっぱい転がっているのが見えて、酔っ払った旦那さんが路上で寝ていることもあった。

この時期から、母親が宗教にハマって行ったんです。無理もないですね。

そして、1984年、父親がマンションから飛び降り、命を絶ちました。

父親の自死後

1985年、東大阪から祖父の住む奈良市に引っ越しました。

山上徹也の妹は、生まれる2か月間に父親を失っていた。

山上徹也の父親については、こちらの記事に!

【誕生~高校入学】母親が統一教会に多額の献金

【山上徹也の妹】生年月日は1985年!生い立ち・経歴を時系列でまとめ!

当時はすでに母親が統一教会にハマっていたため、

山上徹也の伯父

1人、まだよちよち歩きの妹がいて、よく祖父と家の隣にある空き地で、ラジコンで遊んでいた姿を覚えています。」

祖父と山上徹也と一緒に、遊んでいたのですね。

家の中から、妹のことを呼ぶ声が聞こえてきていたようです。

小学校入学~

1991年、東大阪市内の小学校に入学

1997年、同市内の高校に進学

高校卒業後は不明

そんな山上家に転機が訪れます。

父親の自死後、統一教会の活動のために、ほとんど家のいないため、貧しい生活を送っていた兄弟たちですが、母親が巨額の献金をしていたことが分かったんです。

その額なんと6000万円!

なんと、父親の死亡保険金を全て、献金してしまったと言うんです。

これには、山上徹也も

山上徹也

「オレが14歳の時(九四年)、家族は破綻を迎えた。」

1984年ごろのことでした。

さらに、2年後の1986年には、一家で暮らしいた自宅まで売って、そのお金を献金してしまったんです。

山上徹也は、安倍元総理事件の原因がここにある、とTwitterでコメントしています。

山上徹也

「全ての原因は25年前(九六年)だと言わせてもらう。なぁ、統一教会よ」

母親が統一教会に献金した合計金額は、なんと1億円以上に及びます。これだけのお金があったら山上徹也の妹や家族の人生は違っていたことでしょう。

山上徹也の母親が統一教会にハマって、多額の献金をしたことで、一家が破綻した。

統一教会と山上徹也の母親の関係についてはこちらに!

【成人~長兄の自死】大病を患った長兄が自死

【山上徹也の妹】生年月日は1985年!生い立ち・経歴を時系列でまとめ!
兄に自死未遂~

2005年、兄の山上徹也が自ら命を絶つも、未遂に終わる。

2005年に、山上徹也は未遂を起こしますが、実は、そらは兄と妹のためだったと話しています。

山上徹也

「兄と妹が人生に困っているから自分の死亡保険金を渡す。

自らの命を絶ってまで、兄と妹の暮らしを救おうと思っていたなんて、兄妹思いだったんですね。

ところが、その小児ガンで片目を失っていた長兄が将来に不安を感じ、自死してしまいます。

長兄の自死

2015年 長兄が自死

兄の山上徹也の詳しい記事はこちらに

【兄の事件】兄の山上徹也が安倍元総理事件を起こす

それから、17年後、山上徹也は犯行に及びます。

【山上徹也の妹】生年月日は1985年!生い立ち・経歴を時系列でまとめ!
【山上徹也の妹】生年月日は1985年!生い立ち・経歴を時系列でまとめ!

事件後、妹に偶然出会った知人によると

山上徹也の妹

「もう4年くらい会ってないし、一緒に住んでもおらんから、事件起こしたとか言われても、知らん」

と、もう関わりたくない、と言わんばかりの言葉ですね。

さらに、報道後に注目された母親についても、伯父から

山上徹也の伯父

「テレビで事件を知って、すぐに徹也の妹に連絡を入れたんや。『母親を連れてウチに来い』って。マスコミに追い掛け回されることになるんは、目に見えてましたから」

と連絡があり、母親を連れて奈良市で事件のあった大和西大寺駅から、伯父のいる大阪府内に向かいました。

以来、母親は叔父の自宅を一歩も出ずに、2階で過ごしています。

妹は、まだどこかへ姿を隠してしまいました。

さて、いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

×